Share on LinkedIn
LINEで送る
Pocket

なぜ祈るべきなのか。日本の救いのために命をかける

愛する天のお父さん、あなたが日本を覚えていてくださっていることを心から感謝します。

みなさんは、天国は本当にあると信じますか?
であれば、同時に地獄も存在することも事実です。

今日は、そんな天国と地獄を見せられたホリー・L・ムーディーと言う人の証を紹介します。

ここでは、なぜ祈らなければならないかを天国と地獄の視点からリアルに書かれています。

その記事はこちらからご覧いただけます。(PDF)

この記事を読んで、目が覚まされたような感じがします。
なぜ祈らなければならないか。
誰のために祈らなければならないか。

先日行われたAsia for Jesusで、フィリップ・マントーファ師は、「私はこの国を勝ち取るためには、自分の命をかける!」と言われました。
イエス様は、私たちのために命を投げ出してくださいました。

キリストに従う者である僕たちも、命を投げ出してこの国のために祈り、宣教していく必要があると思わされました。

今まで、僕は伝道の分野がとても弱いと感じていました。

しかし、最近、祈りの中で押し出されるように宣教の思いがどんどんと増し加わってきています。

この国のために、自分の命を捧げ、キリストの愛を伝えてきたいと思わされました。

愛するイエス様のお名前によって。


カテゴリー: ブログ,