Share on LinkedIn
LINEで送る
Pocket

愛する天のお父さん、やっとここに来ることが出来たことを感謝します!

シャローム!!

2014年9月23日、ついに夢に見ていたイスラエルへ出発です。

それまでも実は様々な戦いがありました。

僕は足の小指を強打し、内出血。妻は風邪で声が出しづらい。

その他にもイスラエルで準備してくれている佳世ちゃんがエイラットからエルサレムに戻る途中、バスのファンベルトが切れて真夜中の砂漠の中で5時間まちぼうけ…。

後から聞くと、哲平先生も肺炎一歩手前のような症状、小森先生も高熱で苦しんでいたそうです。

しかし、それも出発まで。

戦いが多ければ多いほど勝利もある!

そう信じて23日の早朝、我が家を出発しました。

イスラエル出発01

空港では、みんなと合流することができ、いよいよ出発するんだという気持ちが高まってきました。

イスラエルツアー出発編

今回のツアーでは、会場の外でも賛美する機会があるとのことで、なんとギターを持ってきて欲しいとの要請がありました。

前回に言った人がソフトケースで機内に持ち込めたという言葉を信じ、僕も手荷として機内に持ち込むようにしました。

しかし、カウンターで止められて、なかなか持ち込むのには難しいという気配が漂ってきました。

祈りつつも何とか交渉し、無事に機内持ち込みにすることができるようになりました!

担当の方、本当に有難う!

イスラエル出発

日本からイスラエルまでは、直行便が無いために、一度韓国のソウル、仁川国際空港を経由していくことになります。

イスラエルツアー出発編

今回は仁川国際空港に4時間近く滞在するので、ちょっと待ち時間があったのですが、充実してる仁川国際空港。あっというまに時間が過ぎて行きました。

イスラエル出発

そして、ここからです。僕のプチ試練が始まったのは。

ギターとカメラケースを持ち、さらにリュックを前掛し、さらに帽子をかぶっていた僕はかなり怪しかったのか、ここから事あるごとにボディーチェックに合うのです。

まずは韓国からテルアビブに向かう飛行機の乗り口で、笑顔で迎えてくれたお兄さんに

「はーい。こっちに来てクダサーイ。ボディーチェックしますよー!」的な感じで話しかけられ、入念にボディーチェックされました。

イスラエルツアー

ボディーチェックの後は、無事に乗り込むことが出来、いよいよテルアビブに。

イスラエルツアー

イスラエルツアー

イスラエルツアー

イスラエルツアー

長いフライトもあっという間に感じ、ついにイスラエルへ!

イスラエルツアー

イスラエルの市内が見えた時は、本当に興奮しました。

そしていよいよ、入国へ。

しかし、また飛行機を降りたらすぐに止められて、ボディーチェック。

そんなに怪しく見えたんですかね?

ベン・グリオン国際空港

ベン・グリオン国際空港では、相当入国の審査が厳しいと聞いていました。

しかし、主の好意。本当にすんなり入国することが出来ました。

本当に感謝です。

ベン・グリオン国際空港

この後、バスでホテルへ移動。日本時間の朝方、こちらで23:00頃、ヘトヘトになりながらも、家族全員で無事にチェックインし、入浴・就寝。長く興奮した一日の終了。

さて、明日からどうなるか。本当に楽しみです。

イエス・キリストのお名前によって。

カテゴリー: Israel