Share on LinkedIn
LINEで送る
Pocket

今は日本の時!日本に対する4人の預言。

愛する天のお父さん、あなたは日本を特別に愛しておられることを感謝します。 2013年5月31日にマレーシアにて行われたグローバル・リーダーズ・サミットにて、40カ国以上の国から約1,000人の人が集まり、祈りとともに日本に対する預言が語られた映像がありました。
預言を語ったのは
Dr.ジョナサン・デイビット
Dr.ビル・ハモン
Dr.トンデ・ベーカレ
Apostle.トム・ハモン
の4名です。

それぞれがとても力強く、僕の祈りを更に燃え立たせるものとなりました。

以下、預言の全文です。

<ダニエル書7章21、22節> 私が見ていると、その角は、聖徒たちに戦いをいどんで、彼らに打ち勝った。 しかし、それは年を経た方が来られるまでのことであって、いと高き方の聖徒たちのために、さばきが行われ、聖徒たちが国を受け継ぐ時が来た。

<ダニエル書7章25〜27節> 彼は、いと高き方に逆らうことばを、吐き、いと高き方の聖徒たちを滅ぼし尽くそうとする。彼は時と法則を変えようとし聖徒たちは、ひと時とふた時と半時の間彼の手につだねられる。 しかし、さばきが行われ、彼の主権は奪われて、彼は永久に絶やされ、滅ぼされる。 国と、主権と点火の国々の権威とは、いと高き方の聖徒である民に与えられる。その御国は永遠の国。 すべての主権は彼らに仕え、服従する。」

Dr.ジョナサン・デイビット

天の裁判の場では、判決が下される。
日本の聖徒たちは疲れきって、押し倒され、圧迫されたが、今は預言の言葉を聞く時、それは壊される。
私は日本に大変力強い方法で、新しい季節が来ると信じます。
悪魔は時を変えようとしているし、また、そのように聖徒たちを疲れさせようとしてきたが、
しかし、神はこの時、私たちに言われます。新しい時代、神の好意の時、進歩、反映、守りの時が来ます。
神はただ経済的な危機から、この国を救うだけではなく、津波やいろいろな災害から守りを与えられます。
新しい季節が日本に始まっています。
日本に新しい季節が来ています。
私は好意の時を日本に定めた。
新しい総理大臣の立ち上がりとともに、超自然的な事が、日本に起ころうとしています。
神は、この国の経済を強化される。
日本よ!今は神があなたに与えられた好意の時。
神は人々の内にある情熱をご覧になられています。
その国民性、愛国心を。
私はそれを好転させ、彼らに対し、私が国に計画をもっていることを示す。
それはただ日本人が自分の国に、自分の計画を持って国を再建したいというだけではなく、私がこの国を愛しているので、この国を好転させる。
私は日本人に、私がこの国の神であることを示す。
私の計画と目的は達成され、よく成させる事を示す。
私が、この地に対する預言的な言葉を示す時、日本人の心は私にむけられてゆき、開かれていくだろう。
なぜなら、彼らは心の中で「我々は自分の国を、自分で心配しよう。自分たち意外に我々を心配してくれる神はいないから。」
そのように、日本人は、いつも他の外のものに信頼する事をせず、自分の国を愛してきた。
広島に原爆が落とされた時、彼らは破壊された。
そして彼らは自分せ再建しなければならなかった。
そして他の国から退いて、自分の国にプライドを持つようになった。
しかし、神がここにおられ、彼らの心に語られ、神が素晴らしい良い計画を持っておられることを示し始める。
彼らのための計画は、良い計画である。
神は超自然的に彼らの心を、ご自身に向けられる。
カンファレンスを9月に日本で持つが、これは、とても日本にとって重要な季節で、日本がその計画に立ち返るときなのです。
なぜなら神は、この国を好転される。
今すでに、日本人の心には恐れがある。
破壊的な大きな津波に関する恐れがある。
しかし、日本の教会が立ち上がる時、津波や地震が実際に起きた時、被害者は少なくなり、止められます。
なぜなら、神はこの国を愛しておられるからです。
神は彼らを火の壁を持って敵の攻撃から守られます。
神は、滅びと荒廃の代わりに、悔い改めへと導かれ、荒廃は食い止められます。
だから、恐れてはなりません。
好意の時は来ています。
新しい始まりが起ころうとしている。
2013〜2020年にかけて、何か超自然的な事が起ころうとしている。
加速の10年が日本に来ようとしている。
リバイバルの火花があちらの教会、こちらの教会、あちらの街、こちらの街で聞かれるようになる。
アッパールーム(祈りの部屋)に聖霊が降られ、超自然的な始まりが起こる。
かたくなな心がとかされ、人々の心が反応するようになる。
彼らは、イエスが主であり、この国の神であることを知る。
もう、彼らは、自分の国の為に、重荷を負わなくて良い。
そして、彼らの愛国心は強く明確になる。
彼らを思ってくださる神が見方なら、誰が敵対できるでしょう。
私たちは日本に対する、全ての攻撃、災害に反対して語ります。
人々がイエスの御手が彼らを守り、彼らの上に重くあることを知るためです。

Dr.ビル・ハモン

神は、他の国々にも計画を持っているように、日本にも計画を持っておられます。
近い将来、日本は、聖霊様によって一掃されます。
上から下、一方から反対側へ、皇室からひくいところにいる人に至るまで。
一年の内に聖霊様の一掃がピークに達し、それが三年間続きます。
三年の終わりに、その時、その日、その場に神は裁きを下し、評価され聖霊の働きに対してどのように応答したかに基づいて、上にあげ、または下に下げます。
神は、日本の聖職者、説教者、クリスチャンに言われます。
自分の宗派、自分の持っている小さな教理、教え、確信を超えていかなければなりません。妥協するというのではないが、国のために、他の奉仕者と共に機能して行かなければなりません。
わたしは、みなが協力して、国のために働くように、みなを必要としよう。
わたしは決して、一つのグループが「おどろいたでしょう。私たちは祈り、これを得た。私たちがこれを得た。」とは言わせず、「わたし、主が栄光を得る。」といわれる。
もしも、あなたがたが、共に祈るなら、違いがある様々な教派・バプテスト・長老派・メソジスト・カトリック・ペンテコステ等、違いを超えて、共に集い、この国のために祈るなら。
来なさい。天の神に。
種である神に、この方に叫び求めるなら、神は、この聖霊のムーブメントを送られ、それは、この国全体に影響を与える。
その終わりには、評価の時がある。
羊か山羊か
あなたはどちらになるか。
今が時、今が働き出す時。
私はこの国を私の霊により、一掃しようとしている。
私は使徒的預言的声を起こす。
彼らは、宣言し、宣告する。
私はその言葉に従って、その言葉のうちに働き事をなす、と主は言われる。

Apostle.トム・ハモン

日本の教会よ!
私があなたを愛しているということを知りなさい。
私は、私の目的のために、あなたを召した。
あなたが弱さを覚えていても、「私は勇士だ」と言いなさい。
私はこの時にあなたを呼ぶ。
私の好意があなたにあり、敵の中で、暗闇の真ん中で、立ち上がらせ、輝かせる。
この時、古代の日本を縛っている悪魔が働き支配しようとするが、もし私の教会が立ち上がり祈るなら、私は的に混乱と互いに争いをもたらす、と主は言われます。
私は文化の標準に妥協しない若い世代を起こすと主は言われます。
また、私は解き放ち、飢え渇く者たちは、それを受け取るようになると主は言われます。
日本は今まで、主の訪れを見逃してきたが、私はこの季節に、先の雨と後の雨を共にもたらします。
私は、眠っていた種を生き返らせ、固い地に落ち、悪魔に持っていかれた種や、いばらの中に落ち、飲み込まれてしまっていた種さえも、私が私自身のために、収穫の用意をしていることを知りなさい。
私は日本の為に、計画を持っている。
私はこの世代のために新しい日のために油注ぎを解き放つと主は言われます。
ある者は言うだろう。サマリアが包囲された日、「どうしてこのようなことが可能か?」
「一日にして国が変わるだろうか?」と。
しかし、命をかけて神の言葉が成就するのを見に行くように、またそのすべてが変わるのを見るように、また「そのようなことが起こるはずがない」という者が、実際にそれが起こったのを見ても、それを味わう事が無かったように、今日もそうである。
信仰に立ち上がりなさい!
神の言葉を信じなさい!
箱を壊して出て来なさい!
私は新しいことをする。私は非常なことをする。
あなたが予想もしいないことを私はする。
私は、あなたが理解せず、または、軽く見ている人々にさえも働き、まるでアメリカのジーザスムーブメントの時のように、私は働こう。
私は新鮮な不満足を若い人々の心に起こさせ、反乱かリバイバルのどちらかに彼らの心は向いて行こう。
だからこの時、私を叫び求めなさい。
そうすれば、私は彼らを引き寄せ、彼らが私の顔を求めるようになるだろう。
私は恵みを解き放ち、聖霊の新鮮な風をこの地に天から吹かせよう。
あなたが私を求めるなら、私は天から力、平和、油注ぎを、そして土地の解放をもたらそう。
日本よ!立ち上がりなさい!
この時を逃してはならない。
これが、私が語っていた
「この日」
なのだからと主は言われます。

Dr.トンデ・ベーカレ

私の心に四つ、日本の為に聖霊による印象が与えられています。
(1)天と地を創造していないすべての神々は天の下から滅ぼされる。
我々は古代の悪霊どもに、日本を縛り付けている悪霊どもに命じ、宣言し、宣告する。
日本を握る手をイエスの御名により離せ!
この地とその恵みは主のもの。
主は日本を憐れまれます。
主はあなたの国を救われる。
イエスの御名によって、日本を古代の悪霊どもから解放されます。
私たちは神の教会としてお前たちに命じる。
この国から手を離せ。すべての古代の悪霊どもよ、イエスの御名によって日本を行かせよ。
(2)自分たちの憐れみを捨て、偽りの虚栄を見てきた人々、金や銀の欺きが、彼らを長い間、寄り道させてきた。
だから今、イエスの御名によって、金が落ちる時、神の義がこの国に示され、本物の教会が立ち上がり、王の繁栄を輝かせるように。
もう日本が金の王を拝むのではなく、天の神を拝するように、イエスの御名によって。
国々の神々は、金や銀で造られ、目があっても見えず、耳があっても聞こえず、口があっても語れず、手があってもつかめず、足があっても歩けない。
今本物の教会が立ち上がり、主イエス・キリスト、生ける神が彼らを通して現されますように。
この国が悪霊のだましごとから取り返されるように。
(3)すべての国と、すべての人々に定められた時があります。
神は時を定め、国への訪れの時を定められています。
日本よ!今、これはあなたの時です。
あなたの季節です。
聖霊の新鮮な力が日本に来ます。
起こるすべての災害について、聖霊の示しによって、人々が悔い改めるならば、ちょうどニネベで起こったように、神によって、敵の攻撃から人々は守られます。
平和、喜びをあなたの土地に受け取りなさい。
日本よ!あなたは生きる。
日本!あなたは立ち上がる。
日本!あなたは神の天命を成就する。
今こそあなたのチャンス。
立ち上がり、受け取りなさい。日本よ!
(4)使徒たちがエルサレムで、会ったと、ヤコブは「ダビデの幕屋再建される、神の名によって造られた国々が来るために」と言った。
モーセはパロに「私の民を行かせなさい」と言った。
なぜなら、神はモーセに「イスラエルは私の産んだ息子。私の長子」と。
イスラエルは初めの子であり、ただ一人の子ではありません。
すべての国々は、神の子たちなのです。
日本よ!神はあなたに今、目を注がれている。
あなたは立ち上がり、召しを受け取り、神に応答しなさい。
そうすれば、二度と荒廃は訪れません。
今、あなたが受け取る時です。
日本よ、私たちはあなたに命じる。
イエスの御名によって、神に立ち返りなさい。
父なる神よ、感謝します。
日本は受け、癒され、開放され、神に自由に仕えます。
そして、その土地からくるすべてのものは、神の国を前進させます。
そのように今、宣言し、そのようになります。
イエスの御名によって。

Dr.ジョナサン・デイビット

今もう一度、手を伸ばしましょう。国々の人々よ。
父よ、私たちは日本を祝福いたします。今が日本の時です。
時は今であり、遅れることは無い。
東西南北に神のいのちを語ります。
神の御手が四方八方から臨み、地平線には、教会が立ち上がります。
国々はあなたの声の響きに耳を澄ませ、彼らはあなたを待ち望みます。
私たちは、日本人の心に平和を語ります。私たちは害を与えず、神の国がこの国に臨み、この国を新しく立ち返らせる。
日本よ!
これはあなたの日です!
日本よ!
よみがえられた方が、ふたたび、神の子が立ち上がります。
あなたは、日の昇る国の神の息子と呼ばれます。
日本に宣教師が遣われされた時、彼らはたった4人でした。しかし、その日が来ます。
日本から、神の御手にある器たちが立ち上がる時が来ます。
他の国が、日本に与えなかった、親切な枝を、他の諸国に返すでしょう。
多くの息子、娘、牧師、働き人が国々に出て行く時が来ます。
もう日本は、固い土地とは呼ばれなくなり、神がこの固い土地を砕き、義の種を蒔くようになり、日本は立ち上がるでしょう。
父よ、私たちはこの国を祝福します。
私たちは2013年から祝福が増し加わることを宣言します。
彼らが、あなたの超自然的な祝福の日々を見ますように。
彼らが試練にあい、苦しみにあい、神の御手によってとられる時、それはより偉大で、高い目的のためなのです。
日本よ!
神のより高い目的、より偉大な召しに来なさい。
なぜなら、今があなたの時、あなたがたの時間だからです。
私たちは、東西南北からリーダーが立ち上がるように祈ります。
国のために集まることを祈ります。
国の運命を彼らは心に抱いています。
日本よ!
神に立ち返り、あなたの天命に立ち返りなさい。
イエスの御名によって。
霊によって祈りましょう。
後の者が先になる。後の者が先になる。
日本を祝福します。
もう一度、主に感謝をしましょう。

以上です。 信仰を持ってこれを受け取りたいと思います。
動画の最後に告知されている、ジョナサン・デイビット師をお招きして、横浜の関内で2013年9月3, 4, 5日に開催されるカンファレンスを、クリスちゃんねるでUstream中継するかもしれません。
詳細は追ってこのブログでお知らせします。

イエス様のお名前によって。

カテゴリー: ブログ, 動画紹介,