Share on LinkedIn
LINEで送る
Pocket

画像:創世記から学ぶ蛇とアイツとの関係

愛する天のお父さん、あなたがみことばを通して教えてくださることを感謝します。

私の友人で、詐欺の被害にあってしまったという人がいます。
その詐欺師は、本当に面倒見がよく、親切で、地域の人からも厚い信頼を寄せていたそうです。
そのように、詐欺師は最初から悪そうな風体ではやって来ません。
一見いい人のように見えますが、その実は人をだます悪い心を持った人なのです。

今、私たちの教会では新年から創世記の通読が始まっています。
改めて創世記を読んでいると、たくさんの奥義が隠されていることに気付かされます。
今日は、創世記を読んでいて神様から教えられた啓示、蛇とエバのやりとりをご紹介したいと思います。

まず、創世記の3章1節から6節までを読んでみましょう。

 さて、神である主が造られたあらゆる野の獣のうちで、蛇が一番狡猾であった。蛇は女に言った。「あなたがたは、園のどんな木からも食べてはならない、と神は、ほんとうに言われたのですか。」
女は蛇に言った。「私たちは、園にある木の実を食べてよいのです。
しかし、園の中央にある木の実について、神は、『あなたがたは、それを食べてはならない。それに触れてもいけない。あなたがたが死ぬといけないからだ』と仰せになりました。」
そこで、蛇は女に言った。「あなたがたは決して死にません。
あなたがたがそれを食べるその時、あなたがたの目が開け、あなたがたが神のようになり、善悪を知るようになることを神は知っているのです。」
そこで女が見ると、その木は、まことに食べるのに良く、目に慕わしく、賢くするというその木はいかにも好ましかった。それで女はその実を取って食べ、いっしょにいた夫にも与えたので、夫も食べた。

実に蛇は巧妙ですね。
この事を詳しく見て行きたいと思います。

爬虫類好きの方には申し訳ないのですが、私は蛇を見ると気持ち悪く思ってしまいます。
なんというか、あの質感と動きがなんとも耐えられないのです。

聖書には「神である主が造られたあらゆる野の獣のうちで、蛇が一番狡猾であった。」と書かれています。
狡猾とは「ずるく悪賢いこと。また、そのさま」ということです。
また、蛇の原語であるナチャーシュという言葉は、輝きという事を意味するそうです。
確かに、蛇の皮は独特の輝きがあり、それ故にハンドバッグやベルトなどに使われています。

この様子と共通するものがあります。
それはサタンです。

サタンは「霊」です。「体」も「魂」も持っていません。一方、蛇は「霊」はありませんが、「体」とともに「魂」を持ってます。
そこで、蛇は霊であるサタンと協力して女を誘惑したのではないでしょうか。

もし、サタンが恐ろしい姿で私たちの前に現れるなら、私たちは騙されるというより、その場から逃げ出してしまうのではないでしょうか。
しかし、聖書ではサタンをこのように書いています。

ですから、サタンの手下どもが義のしもべに変装したとしても、格別なことはありません。彼らの最後はそのしわざにふさわしいものとなります。
【コリント人への手紙 第二 11章15節】

サタンの手下ですら、義の僕に変装するというのです。別訳では、光の天使に変装すると書かれています。

それ故に人はサタンに騙され、惑わされ、誘惑されてしまうのです。
このことをよく覚えておいて下さい。
悪魔はいい人のふりをして、時には天使の格好をして近づいてきます。

羊の皮をかぶった狼という言葉がある通り、悪いものはいかにも良さげな風貌でやってきます。
私たちはそれを見抜く力も与えられています。
ニセモノはいつかはバレてしまい、真実が明らかにされます。

本物を見分けるために、私たちは何をしなければならないでしょうか。
それは、本物に触れ続けることです。

よく話されるたとえですが、骨董品のニセモノと本物を見分けるためには、本物を見続ける事が一番だと言われています。
また、本物のお札に触れ続けている銀行員は、その中に偽札があるとすぐにわかるそうです。

同じように、私たちも本物に触れ続ける必要があります。
本物とは何でしょうか。
それはみことばです。
また、神様との関係も大切です。
神様との親密な関係を持つには祈りを欠かすことが出来ません。

つまり、祈りとみことばです。

使徒の働きで、弟子たちもこのように言っています。

そして、私たちは、もっぱら祈りとみことばの奉仕に励むことにします。
【使徒の働き 6章4節】

弟子たちが食事の準備などの用事(これらも大切な働きですが)から、祈りとみことばに専念した時何が起こったでしょうか。
エルサレムに大リバイバルがもたらされたのです。

私たちも今まで以上に祈りとみことばの生活にシフトし、主の御顔を慕い求めていくなら、ニセモノと本物を瞬時に見分けることができるだけでなく、私たちを通して天の御国が置かれている場所に解き放たれていくことになります。
そして、私たちが神の軍勢として整えられていき、日本の国家的なリバイバルをもたらすこととなります。

この2014年は日本にとって大切な一年になります。
キリストに体に連なるみなさん一人ひとりの信仰生活が引き上げられ、主からの啓示を受け取り、それを突起放つことができるよう心からお祈りします。

次回は、蛇の狡猾さについて見て行きたいと思います。

カテゴリー: ブログ, みことば