Share on LinkedIn
LINEで送る
Pocket

神の住まわれるcafe「晴れる家cafe」

愛する天のお父さん、あなたの与えて下さる救いの御業を心から感謝します。

今、僕たちの教会では24時間、365日の絶え間無い祈りと賛美を捧げる恵みにあずかっています。

祈ることはある意味誰でもできることです。
多くの人に「そんなに祈って何になるのか。」「祈るよりも伝道やミニストリーしなければならない」などと言われます。
それももっともなことです。

しかし、初代教会の時代、使徒の働きを見てみると、弟子たちはもっぱら祈りとみことばに専念していました。その結果、新しい給仕を担当するリーダーが任命され、弟子たちはほんとうにもっぱら祈りとみことばに専念しました。
その結果何が起こったでしょうか。

今までにないほど爆発的に福音が伝わっていきました。
それだけではなく、新しく立てられたリーダーはメッセンジャーになり、またはじめての殉教者もおこされました。
これはどういうことでしょうか。祈りとみことばに専念する場所、つまりダビデの幕屋に押し出された宣教師が世界に出て行く時に主の御わざとリバイバルが起こるということです。

それは、少年ダビデの手からゴリヤテに向かって放たれたなめらかな小石のようなものです。
その小さなたったひとつの小石がゴリヤテの額に命中した時、ゴリヤテが倒れただけでなく、ペリシテ人全員が倒れました。

宣教師はこのなめらかな小石です。

それを押し出すのがダビデの幕屋です。

ダビデの幕屋は心臓のようなものです。

誰に気づかれようと気付かれまいと、四六時中祈りと賛美を続け、鼓動を打ち続けます。そして、御身体の隅々にまで血液を送り続けます。

ダビデもこのことを33年間続けました。
その結果、イスラエルには勝利と繁栄が与えられました。

勝利と繁栄が欲しくてこの絶え間無い祈りと賛美をするのではありません。
ただ、主を慕い求める恋心のようなもの、主を愛する思いから祈りに導かれます。
その結果として、様々なものがついてくるのです。

そんな祈りの結果をご紹介したいと思います。

愛する家族である、晴れる家cafeのオーナー、齋藤晃さんを紹介したいと思います。
彼は、奥様と千葉の松戸で健康と安全と美味しさにこだわった自然派のベジカフェを営んでいます。

ふたりとも、ダビデの幕屋で祈りを捧げる祈りの勇士です。
その結果、今、どのようなことが彼らのcafeで起こっているでしょうか。

以前は夜のお客様にお酒を提供していましたが、主の促しでそれをやめたそうです。当然売上が下がったのですが、彼らは祈りました。その結果、売上が過去最高を記録したという報告を聞きました。

さらに、救いがものすごい勢いで起きています。
なんと、5月中にこのcafeで救われた人数が109名だというのです!
一つの教会でも、一月でこの人数が救われるのはなかなか日本では聞いたことがありません。それが、cafeで実際に起こり続けているのです。
しかも、「なんとなく信じる」のではなく、はっきりと天国と地獄、救いと永遠の命を語り、彼らの口から「イエス・キリストを受け入れます。イエス・キリストは私の人生の主です」と告白されるそうです。

これがダビデの幕屋の結果の一つではないかと思います。
日本に大きな変革が起こり始めています。

そんな彼らのドキュメンタリー映像を見ることが出来ます。
この当時は、まだ今ほど救いの御業が起きていない時ですが、それでも彼らの主を愛する姿勢、取り組みを知ることが出来ます。
ぜひ、ご覧になり、励ましを受けていただけたらと願います。
そして、未信者の方を誘って、晴れる家cafeに行ってみてください。
心も体も全人格的に満たされる最高の空間ですよ!

ご視聴にはSilverlightという無料のプラグインが必要かもしれませんので、ご覧いただけない方はダウンロードをしてみてください。

Silverlightダウンロード

晴れる家cafe01
リバイバルの風〜晴れる家cafeVol.1〜

晴れる家cafe2
リバイバルの風〜晴れる家cafeVol.2〜

愛するイエス様のお名前によって。

晴れる家cafe

カテゴリー: ブログ, 動画紹介