Share on LinkedIn
LINEで送る
Pocket


愛する天のお父さん、あなたのくださる受け止めきれないほどの恵みを心から感謝します。

今日は「Walk With God Ministries」とう、坂 達也・柚実子先生が運営されているミニストリーの中から、「生きている殉教者になる」と言う記事を紹介します。

「私はキリストとともに十字架につけられました。もはや私が生きているのではなく、キリストが私のうちに生きておられるのです。」
<ガラテヤ人への手紙 2章20節>

このみことばからはじまるメッセージは、生きていながらも殉教者となり、キリストに全てを捧げて生きていくことの素晴らしさを伝えてくれています。

僕が特に感動したところは、後半に書かれてあるエデンの園でアダムとエバの身体をおおうためにほふられた、けものとキリストの関係のところです。
聖書の真理は本当に深いですね。創世記から黙示録まで、一貫して神様の計画が記されています。
僕もキリストの十字架の贖いによる救いを受けるだけで満足し、居心地よくそこにとどまるのではなく、主のシャカイナの栄光を完全に回復したいと節に求めます。
だから、神の国とその義とを今まで以上に激しく求めて行きたいと思わされました。

生きている殉教者になる」の記事はこちらからご覧いただけます。↓↓↓
生きている殉教者になる

愛するイエス様のお名前によって。

カテゴリー: ブログ,