Share on LinkedIn
LINEで送る
Pocket

第一回国家的断食の日
愛する天のお父さん、日々の糧を感謝します。

いよいよ、明日、2014年1月14日(火曜日)から16日(木曜日)まで、国家的断食が行われます。

2014年は、日本にとって重要な一年になるという啓示を日本中の牧師たちも受け取っています。クリスちゃんねるでも何度かお伝えしています。

こちらの国家的ダビデの幕屋の回復のホームページには、下記の牧師からの国家的断食に対する宣言文が掲載されています。

  • Kingdom Seekers 久保田文吾 師
  • New Reveration Church 澤口周一 師
  • Zion Church 金智満 師
  • 日本基督教団 高砂教会 小森康三 師
  • ハレルヤチャーチ高松 山川哲平 師
  • 東北中央教会 中山有太 師
  • Elevate Church 佐々木拓也 師
  • 新宿シャローム教会 富田慎悟 師
  • カナンプレイズチャーチ 長沢崇史 師

各牧師からの宣言文は、こちらからご覧ください。
国家的ダビデの幕屋の回復

断食の祈りには力があります。ただの祈りではありません。
断食を伴う祈りは、爆発的な破壊力があります。
聖書にはこう書かれています。

わたしの好む断食は、これではないか。悪のきずなを解き、くびきのなわめをほどき、しいたげられた者たちを自由の身とし、すべてのくびきを砕くことではないか。
【イザヤ書58章6節】

ひとりで断食するのも素晴らしいですが、明日からの断食は日本全国一斉に国家的断食をおこないます。
それは日本の救いのため、イエス様が戻って来られる道備えをするために行われます。

三日間完全に断食するのはむつかしいという方は、例えばおやつを抜いて、その時間祈るとか、あとはテレビやゲームなどをやめ、その代わりに祈るというのもいいかもしれません。

それでもむつかしいという方は、誰でもできる断食があります。
それは悪口断食です。

あなたの舌に悪口を言わせず、くちびるに欺きを語らせるな。
【詩篇34篇13節】

その他、自分の好きなものを捧げ、神様に時間を捧げて行きましょう。

なお、いきなり全部の完全断食は避けた方がいいかもしれません。
それは、何も運動したことがない人がフルマラソンを走るようなものです。
それぞれが自分のできる範囲で主に捧げて行きましょう。

ただし、私の友人の名言を心に止めなければならないと思います。それは

断食して祈らなければ、ただひもじいだけ。

素晴らしい名言です。
ぜひ、捧げるだけでなく、祈りをしましょう。
日本全国ひとつとなり、敵の要塞を打ち砕くような祈りを捧げて行きましょう!

※断食は自己責任となります。クリスちゃんねるでは責任を負いかねますのでご了承ください。

愛するイエス様のお名前によって。

カテゴリー: ブログ, 近況